ジミー・ジョンソン

ジミー・ケネス・ジョンソン(1975年9月17日生まれ)は、カリフォルニア州エルカホン出身のアメリカ人ストックカードライバーである。モンスターエナジーNASCARカップシリーズでヘンドリックモータースポーツの48号車シクロレーカマロをドライブしている。2010年、ジョンソンはスプリント・カップ・シリーズで5連覇を達成した唯一のドライバーとなった。ジョンソンはチャンドラ・ジャンウェイと結婚しており、2010年7月7日に第一子となる女の子、ジュヌヴィエーヴ・マリー・ジョンソンを出産した。

初期のレースキャリア

ジョンソンは5歳のときにオートバイのレースを始めた。ジョンソンはオートバイレースから離れ、オフロードレースで走り回るようになった。オフロードレースで出会ったのが、ハーブ・フィッシェル氏だった。フィッシェル氏は、ジョンソン氏が現在乗っているシボレーブランドを所有するゼネラルモーターズのモータースポーツ部門の責任者であった。

1998年、ジョンソンはアメリカン・スピード・アソシエーション(ASA)シリーズでレースを始めた。このシーズンまで、彼は生涯で6回しかストックカーレースに出場したことがなかった。Johnsonは、このシーズンをポイントランキング4位で終え、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。Johnsonは、NASCARネイションワイドシリーズにも参戦するようになった。彼は1998年に3レースに出場した。1999年、ジョンソンはASAシリーズとネーションワイドシリーズの両方に参戦した。ASAシリーズでは2勝し、3位入賞を果たした。2000年はネイションワイドシリーズにフル参戦した。ヘルツォーク・モータースポーツから参戦し、ポイントランキング10位となった。2001年、シカゴランド・スピードウェイで開催されたヒルズブラザーズコーヒー300で、シリーズ81戦目にして初めて、そして唯一のネイションワイドシリーズレースを制した。このとき、ジョンソンは現在も共に働くクルーチーフのチャド・クナウスとコンビを組んだ。

ミシガン・インターナショナル・スピードウェイで行われたネイションワイドシリーズのレース前のドライバーズミーティングで、ジョンソンはNASCARスプリントカップシリーズのドライバー、ジェフ・ゴードンにアドバイスを求めました。ゴードンはジョンソンを気に入り、話し合いの後、ゴードンはチームオーナーのリック・ヘンドリックにジョンソンを推薦した。ヘンドリックはジョンソンに、自分のところでドライブしないかというオファーを出した。ゴードンはパートオーナーとなり、ジョンソンの車、#48を購入した。

NASCARスプリントカップシリーズ参戦歴

2002-2005

2002年、ジョンソンはウィンストン・カップ・シリーズでフルタイムレースを開始した。この年はポイントランキング5位でシーズンを終え、3レースに勝利した。2003年には再び3勝を挙げ、トップ5フィニッシュ14回、トップ10フィニッシュ20回を記録した。ウィンストン・カップシリーズのポイントランキングではマット・ケンセスに次ぐ2位でシーズンを終えた。2004年、ジョンソンは8勝、20回のトップ5フィニッシュ、23回のトップ10フィニッシュを達成し、ポイントランキング2位を獲得した。2005年、ジョンソンは年間を通じてポイントランキングトップ5に留まり、4勝を挙げた。2005年シーズンはネクステルカップシリーズポイント5位で終了した。

2006-2010

2006年、ジョンソンは5レースで優勝し、ネクステルカップシリーズで初優勝を飾った。2006年シーズンはトップ5が13回、トップテンが24回、ポールが1回で、854周をリードした。2007年は10勝、4ポール、20トップ5、24トップテンを記録した。シーズン終了時には2度目のチャンピオンに輝いている。

2008年シーズン、ジョンソンは7勝、6ポールポジション、15トップ5、22トップ10を獲得し、自身3度目のスプリントカップシリーズチャンピオンに輝いた。2008年シーズンで完走できなかったのは1レースのみ。2009年シーズン、ジョンソンは7勝、4ポールポジション、16トップ5、24トップテン、合計2,238ラップをリードした。このシーズンをポイントランキング1位で終え、4年連続でチャンピオンを獲得した唯一のドライバーとなった。

2010年、ジョンソンは5度目のスプリント・カップ・シリーズ・チャンピオンに輝いた。このシーズンはポールポジション2回、トップ5 17回、トップ10 23回、優勝6回、1326周を記録した。2010年シーズンは4レースで完走を果たせなかった。この優勝で、ジョンソンは5回連続でチャンピオンを獲得した唯一のドライバーとなった。

2008年デイトナ500でのジミー・ジョンソン選手Zoom
2008年デイトナ500でのジミー・ジョンソン選手


AlegsaOnline.com - 2020 / 2022 - License CC3