リロイ・サネ

リロイ・アジズ・サネドイツ語発音:[ˈliːʁʏɔ zaˈneː]、1996年1月11日生まれ)は、ドイツのサッカー選手で、ブンデスリーガのクラブ、バイエルン・ミュンヘンとドイツ代表チームでウインガーとして、また攻撃的MFとしてプレーしている。2014年にシャルケ04でプロデビューを果たし、2016年に初期費用3700万ポンドでマンチェスター・シティに移籍した。

セネガルの元サッカー選手スレイマン・サネとドイツの元オリンピック体操選手レジーナ・ウェーバーの息子であるリロイは、幼少期からサッカーを始め、「SGワッテンシャイト09」のユースチームでプレーした。その後、「シャルケ04」、「バイエル・レバークーゼン」のユースチームでプレーし、「シャルケ04」のシニアチームでプロデビュー。その後、「マンチェスター・シティ」に移籍。マンチェスター・シティでは「プレミアリーグ」と「EFLカップ」の優勝に貢献し、2017-2018年には「PFAヤング・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。国際的なキャリアでは、ドイツのアンダー19とアンダー21のサッカーチームでプレーした。2015年11月からは、ドイツ代表のサッカーチームでプレー。2016年の「UEFAヨーロッパ選手権」では準決勝に進出したチームの一員だった。

リロイ・サネ
リロイ・サネ

国際的なキャリア

リロイはドイツとフランスの両方の国籍を持っているため、2つの国のいずれかでプレーする資格があった。しかし、彼はドイツでプレーすることを選んだ。彼は2014年にドイツの19歳以下のチームでジュニア国際デビューを果たした。2015年のある日までチームに在籍し、11試合に出場して8ゴールを記録した。2015年8月28日、ホルスト・フルーベシュ監督からデンマークとの親善試合のためにドイツのアンダー21チームでプレーするようにとの連絡を受けた。また、2017年の「UEFA欧州アンダー21選手権」予選のアゼルバイジャン戦にも出場した。リロイはドイツとフランスの両方の国籍を持っているため、2つの国のいずれかでプレーする資格があった。しかし、彼はドイツでプレーすることを選んだ。2014年、彼はドイツのアンダー19代表チームでジュニア国際デビューを果たした。2015年のある日までチームに在籍し、11試合に出場して8ゴールを記録した。2015年8月28日、ホルスト・フルーベシュ監督からデンマークとの親善試合のためにドイツのアンダー21チームでプレーするようにとの連絡を受けた。また、2017年の「UEFAヨーロッパアンダー21選手権」予選の試合ではアゼルバイジャンと対戦した。

家族と個人の生活

2018年現在、リロイはアメリカのモデル、歌手、リアリティTVパーソナリティのキャンディス・ブルックと交際していた。2人の娘リオ・ステラちゃんは2018年9月に誕生した。

クラブキャリア

2001年、ルロイは5歳の時に「SGヴァッテンシャイト09」のユースチームに入団し、2005年までプレーした。2005年までそこでプレーした後、同年、シャルケのユースアカデミー(Nachwuchsleistungszentrum)に参加した。その後、2008年からバイエル・レバークーゼンでプレーし、2011年にシャルケ04に復帰。2014年の初めまで、同チームのユースチームでプレーした。2014年3月21日に「シャルケ04」でシニアクラブキャリアをスタートさせ、3年間のプロ契約を結んだ。契約は2017年6月30日まで延長された。ブンデスリーガ」でのデビュー戦は2014年4月20日に行われた。2014年12月13日の「1.FCケルン」戦で今季初ゴールを決め、2015年3月11日の「レアル・マドリード」戦では「UEFAチャンピオンズリーグ」初ゴールを記録した。その後、2016年8月2日にプレミアリーグの「マンチェスター・シティ」と5年契約を結んだ。報道によると、移籍金は3700万ポンド(約4,650万円)で、パフォーマンスに応じたアドオンを加えることで、約4,650万ポンド(約4,600万円)になる可能性があるという。

マンチェスター・シティ

同年9月10日、「マンチェスター・ユナイテッド」との「マンチェスター・ダービー」でデビュー。同年12月18日の「プレミアリーグ」対「アーセナル」戦でクラブ初ゴールを決めた。慢性的な鼻づまりの問題を克服するために矯正手術を受けなければならなかったため、2017年の「FIFAコンフェデレーションズカップ」でのプレーを欠場した。リロイは2017-2018シーズンも好調を維持し、2017年10月には「プレミアリーグ月間最優秀選手賞」を受賞。2017-2018年の「FAカップ」ではクラブの一員として活躍した。2018年2月25日に「ウェンブリー・スタジアム」で行われた2018年「EFLカップ」決勝戦では、「マンチェスター・シティ」が「アーセナル」を3-0で下し、トロフィーを獲得した。ルロイはこの試合で77分プレーした後、代役を降りた。マンチェスター・シティの2017-2018年の「プレミアリーグ」タイトル獲得に貢献したことで、2017-2018年の「PFAヤング・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」のタイトルは彼に贈られた。それはクラブの3つ目の「プレミアリーグ」タイトルをマークした。彼の初の「マンチェスター」ダービーゴールは2019年4月24日、「マンチェスター・シティ」対「マンチェスター・ユナイテッド」の2-0の勝利で実現した。彼は2019年8月4日に行われた「マンチェスター・シティ」と「リバプール」の間で行われた2019年の「FAコミュニティシールド」の試合中にACLの断裂を負った。このように、彼は代役を降りる前の13分間プレーした。マンチェスター・シティ」はPK戦で5-4と勝利し、トロフィーを守ることに成功した。

バイエルン・ミュンヘン

リロイ・セインがマン・シティを退団し、2020年7月15日にバイエルン・ミュンヘンに49Mユーロで加入した。


AlegsaOnline.com - 2020 / 2021 - License CC3