ルノーF1

ルノーF1(Renault F1)は、F1レースチーム。かつてはルノー社が所有していた。2010年12月、ルノーはF1チームの残りの部分を売却した。ルノーのF1参戦の歴史は長い。フェレンツ・シズがルノーのステアリングを握って初のフランスGPを制した。以来、ルノーは1970年代後半から現在に至るまで、エンジンサプライヤーとして、またビルダーとしてF1に参戦し、多くのブレークを経験している。ルノーがターボエンジンをF1に導入したのは、1977年にシルバーストーンでルノーRS01をデビューさせたときだった。ルノー・チームはレースで勝利を収め、世界タイトルを争ったが、ルノーが世界選手権で成功を収めたのは1990年代にベネトンやウィリアムズにエンジンを供給したことがきっかけだった。ルノー・エンジンはナイジェル・マンソール、デイモン・ヒル、ジャック・ビルヌーブ、ミハエル・シューメイサーなどのドライバーをドライバーズ世界選手権に導いた。ルノーは2001年にベネトンチームを買収してビルダーの仕事に復帰し、2002年にはルノーに改名した。ビルダーとして初のチャンピオンシップを達成したのは2005年で、元テストドライバーのフェルナンド・アロンソと共に初のドライバーズチャンピオンシップを獲得したのと同じ年だった。翌年も同様の成功を収めている。

これまでのところ、チームの最低ポイントは2009年の終わりにあった。しかし、2008年シーズンを通してレニュアルトのドライバーを務めていたネルソン・ピケJr.は、アロンソの勝利を助けるためにチームが彼に不正行為をさせたとメディアに語っている。

2008年シンガポールGP(夜間に開催された初のグランプリ)では、ネルソン・ピケJnrがターン17のアウト側でマシンをコントロールできなくなり、道路を横切って滑って壁にぶつかり、道路にたくさんの瓦礫が散乱したため、セーフティーカーが呼ばれ、道路を清掃しているマーシャルを守るために、ゆっくりとコース上を走行した。これにより、マシン間のギャップが狭まり、接近した状態でレースが行われるようになった。これにより、15位につけていたフェルナンド・アロンソは、経験の浅いドライバーをパスすることができた。アロンソはレースを制した。2009年にレンアルがピケJr.を解雇した後、ピケJr.はFIA(F1世界選手権を運営する組織)に、レンアルF1チームのボスであるフラビオ・ブリアトーレ(20年間ボスを務め、以前にも不正行為をしていた)が、セーフティカーを出してアロンソにチャンスを与えるために、わざとマシンをクラッシュさせるように無線で指示したと話していた。アロンソはその時も、クラッシュする前も、このことに気づいていなかった。

パリで開催されたFIAスーパー・カウンシルの会議で、チーム代表のフラビオ・ブリアトーレとチーフエンジニアのパット・シモンズが有罪判決を受けた。2人はチームを離れなければならず、フラビオは終身F1からの出入り禁止処分を受けた(現在はその処分は解除されている)。このイベントに関連して、ルノーF1のメインスポンサーであるINGインシュアランス(上の写真)もチームを去った。

2010年12月8日、ルノーはチームの残りの所有株式を民間投資グループのジェニイ・キャピタルに売却したと発表した。それらの株式は、プロトンが所有するロータス・カーズが購入することになる。プロトンはロータス・カーズを所有している。2011年のチーム名はロータス・ルノーGPとなる。シャシー名は引き続きルノーを使用する。マシンはブラックとゴールドのカラーリング(ペイントスキーム)を使用する。1970~80年代にロータスが行っていた歴史的なジョン・プレイヤー・スペシャル・スポンサーシップに近いものとなる。

2002年にルノーがベネトンを買収して以来、フランスのチームとしてレースに参戦。2011年1月にはイギリスのライセンスでレースを行うことが発表された。これは1975年以来、フランスのチームがF1に参戦していない初めてのことである。

2009年、ルノーF1を駆るフェルナンド・アロンソ
2009年、ルノーF1を駆るフェルナンド・アロンソ

フォーミュラワン世界選手権の結果

主な記事ルノー・グランプリ結果


AlegsaOnline.com - 2020 / 2021 - License CC3