ダービー工業博物館

ダービーシルクミル(Derby Silk Mill)は、イギリスのダービーにある産業博物館です。この博物館は、ダーウェント・バレー・ミルズ(Derwent Valley Mills)の一部である歴史的な旧製糸場を利用しています。1717年から1721年にかけて、ジョージ・ソロコールドはダーウェント川のほとりにイギリス初の製糸場を建設しました。この製糸場は、水車を動力源とする機械を使って絹糸を生産するために建設されました。

ジョン・ロンベは、イタリアのシルク産業で働いていた時に、大量のシルクを紡ぐための機械のデザインをコピーしました。これは産業スパイの最初の例かもしれません。

伝統的に紡績機は少量の絹糸を生産するために使われていました。しかし、新しい大型の機械が登場したことで、はるかに大量の絹糸を生産することができるようになり、イタリア人と競合するようになりました。しかし、これらの機械は大きな建物と巨大な動力源を必要としました。新しい製糸場の西側にあったミルフラムの水車が、これらの大きな紡績機を動かしていました。

ジョン・ロンベは1722年に不自然な死を遂げました。貿易機密を盗んだ復讐として、イタリア人に毒で殺されたと考えられています。彼の異母兄であるSir Thomas Lombe Knt.は1739年6月2日に亡くなり、彼の財産を未亡人と2人の娘達に残しました。

エリザベス女王は1739年に建物と機械のリースを公告し、残りの64年間のリースはリーズのリチャード・ウィルソンジュニアに2,800ポンドで譲渡された。

リチャード・ウィルソンはリーズに残り、利益の一部を得ました。この工場は、ウィリアム・ロイドとサミュエル・ロイド(ともにロンドンの商人)とトーマス・ベネットが給与所得者として経営していました。

ウィリアム・ウィルソンによる1739年から1753年の間のある時期の製粉所の記述は、次のように残されています。

これらの円形の紡績機(「投擲機」とも呼ばれる)は、工場の最も進歩的な特徴であった。また、単一の動力源(水)を使用し、多くの組織化された労働者(最近の情報によると200~400人)を雇用していました。このように生糸から上質の糸に至るまでの一貫した生産工程のため、ロンベスの製糸工場は、イギリスで最初に成功した工場制度の利用と考えられています。

製糸場には多くの観光客が訪れた。例えば、ボスウェルは1777年9月に訪れています。すべての観光客が製糸場の状態が良いと思っていたわけではありません。トリントンは「暑さ、悪臭、騒音」についてコメントしています。1835年には、フェアホルトは、不健康で貧しい子供たちに衝撃を受けた。外国人観光客も旅行中にこのミルを訪れていた。

ウィリアム・ハットンはかつて従業員として働いていましたが、後に彼は長時間労働、低賃金、殴られたことを思い出しました。仕事が止まるのは、極度の乾燥や霜が降りた時、または絹の供給が不足した時だけだった。しかし、1748年8月には、選挙やダービーレースの時に非公式の休日が取られるようになりました。

ウィルソンとロイドのパートナーシップは、口論と訴訟のために1753年に終了しました。ロイドは建物と機械を所有したままであった。

1765年、トーマス・ベネットはウィルソン家の抵当権を条件にロイドから工場を買い取りましたが、ダービーやチェシャーの他の工場が競合するようになり、シルク貿易自体が衰退したため、工場は何年も放置されていました。

1780年にLamech Swiftが転借人となった。彼は公団に7ポンド、トーマス・ウィルソン(リチャードとウィリアムの弟)にそれぞれ年間170ポンドを支払った。1781年にはダムの修理について公社と対立したが、1803年にリースが切れるまで占有したままであった。

公社は1803年に60年間のリースの広告を出した。その広告によると、「イタリアンワークス」はまだ絹を投げるために使用されていたという。

1833年11月、ダービーでは労働運動が始まり、1834年2月には大全国労働組合が結成されました。その数ヶ月後にはトルプードル殉教者事件が起きた。製糸場は運動の中心ではありませんでしたが、テイラー(この時の製糸場の賃借人)は、組合員である労働者を雇用しないことに同意した使用者の一人でした。1834年4月中旬までには、テイラーは機械の3分の2が稼働し、多くの元労働者が復職を申請していたと報告している。ダービー・マーキュリー』紙によると、元組合員の中にはダービーで次の仕事を見つけられなかった者もいたという。この出来事を記念して、毎年メーデー前の週末にダービー労働組合評議会が主催する行進が行われている。

テイラー家は製糸場の経営を続けていましたが、1865年に破たんし、機械の売却とリースを余儀なくされました。"The Derby Mercury"はその年、多くの製糸場の売却を広告しており、一般的な不況が業界を襲っていることは明らかでした。これはフランスとのコブデン条約の4年前に行われたもので、イギリスの絹産業は事実上破壊されたと言われています。

1908年頃、化学者であるF.W.ハンプシャー・アンド・カンパニー(F.W. Hampshire and Company)が、ハエ紙や咳止めの薬を作るためにこの建物に入居したことで、長い間のシルク生産との関係は終わりを告げました。1910年12月5日午前5時、近くにあったSowter Bothersの製粉所で火災が発生し、すぐに炎はシルク工場にも広がりました。製粉所の東側の壁が川に落ち、建物全体が燃え尽きました。ボロー消防隊とミッドランド鉄道会社の多大な努力により、塔の殻と元の5階に通じる出入り口の輪郭が保存されました。これらは現在も塔の階段に見ることができます。建物は同じ高さで再建されましたが、5階建てではなく3階建てになり、現在もその姿を保っています。

1920年代には、建物の所有権は電力公社に移されました。彼らは、店舗、作業場、食堂として部分的に使用していました。1970年に発電所が撤去されるまで、一般の人々からはその存在はほとんど忘れ去られていました。その後、ダービーがかねてから提案していた産業博物館への改造が行われました。1974年11月29日に開館しました。

カテドラルグリーンから見た美術館の入り口と塔
カテドラルグリーンから見た美術館の入り口と塔

ダービー製糸場、おそらく1900年代初頭、1910年の火災前。
ダービー製糸場、おそらく1900年代初頭、1910年の火災前。

アルフレッド・ジョン・キーンによる1910年の火災の水彩画。
アルフレッド・ジョン・キーンによる1910年の火災の水彩画。

2011年の閉鎖と休止

ダービー市議会は、シルクミル博物館や市内の他の博物館の再開発のための資金を確保するため、2011年4月3日に博物館を閉鎖した。2010年10月26日の閣議に提出されたStrategic Director of Neighbourhoods(Strategic Director of Neighbourhoods)の報告書(項目7)によると、8.6人の常勤雇用が失われるが、逆に「ルネッサンス・プログラム」の資金の損失を相殺するために197,000ポンドが節約されるとのこと。報告書には、2年間の期間が報告されているが、博物館の再開館日は記載されていない。

AlegsaOnline.com - 2020 - Licencia CC3