オランダ黄金時代の絵画

オランダの貿易、科学および芸術がヨーロッパで最も高度の間にあった17世紀に期間があった。この時代はオランダの黄金時代として知られています。一般的には、この時代は八十年戦争の後半に始まります。戦後、ヨーロッパで最も裕福な国家であったオランダ共和国がありました。この時代の歴史的な時代をバロックと呼びます。この時代の絵画の多くは、実物よりも美しい情景が描かれています。これは「理想化」と呼ばれています。当時のオランダの絵画には、この特徴が欠けていることが多い。この運動の芸術家には、ペーター・ポール・ルーベンス、ヨハネス・フェルメール、バルトロメウス・ファン・デル・ヘルスト、ヤコブ・ファン・ルーなどがいます。

この時代には宗教をテーマにした絵画は比較的少なかった。その理由は、オランダ人の多くがカルヴァン派であったからである。カルヴァン主義は教会での宗教画を禁じていた。個人の家ではそのような主題は許容されていたが、あまり人気がなかった。他の伝統的な歴史画や肖像画も存在していましたが、この時代には、農民の生活風景、風景画、町並み、動物を描いた風景画、海洋画、花の絵、様々な種類の静物画など、数多くの専門的なカテゴリーに細分化された、非常に多様なジャンルが存在していたことが注目されます。これらの絵画の多くは、17世紀のオランダの画家の影響を決定的に受けています。

絵画には、ある種類の絵画の方が格式が高いという説がありました。この理論は、ジャンルのヒエラルキーと呼ばれています。歴史画が上位にあったため、多くの画家は歴史画を描きたいと考えていました。その際に問題となったのは、歴史画が最も売れにくいということでした。絵で生活するために、多くの画家は肖像画や風俗画を制作せざるを得なかったが、その方がずっと簡単に売れた。そのヒエラルキーは次のようなものでした。

  • 寓話や人気のある宗教的な題材を含む歴史画。
  • トローニーを含む肖像画
  • 風俗画
  • 海景、戦場、街並み、廃墟などの風景。
  • 静物

オランダ人は、「下」のカテゴリーに重点を置いていましたが、決してヒエラルキーの概念を否定したわけではありませんでした。ほとんどの絵画は比較的小さなもので、本当に大きな絵画の唯一の一般的なタイプは、グループの肖像画でした。壁に直接絵を描くことはほとんどなく、公共の建物の壁に装飾が必要な場合は、額装されたキャンバスを使うのが一般的でした。西ヨーロッパの他の国々が木製のパネルを使用しなくなった後も、多くの画家が木製のパネルを使用していました。そのため、18世紀から19世紀にかけて、画家たちが新しい作品を重ね塗りしたために、現存する黄金時代の絵画の数は減少していきました。この時代には、オランダの彫刻はほとんどありませんでした。ほとんどが墓のモニュメントや公共の建物に取り付けられたもので、家のための小さな彫刻は、銀食器や陶器に場所を取られています。描かれたデルフト・タイルは非常に安価で一般的でしたが、本当に高品質のものはほとんどありませんでしたが、銀、特にオーリキュラー様式のものがヨーロッパをリードしました。この例外を除いて、最高の芸術的努力は絵画と版画に集中していました。

ギャラリー

·        

ヨハネス・フェルメール《ミルクメイド》(1658-1660)

·        

フランツ・ハルスのトロニー、後のタイトルは「ジプシーの少女」。1628-30.木に油彩、58cm×52cm(23インチ×20インチ)。肖像画、風俗画、時には歴史画の要素を含んだトロニー。

·        

ヤコブ・ファン・ルー、ダナエ

·        

パウルス・ポッター《若い雄牛》(1647年);幅3.4メートル。ジャンルのヒエラルキーに挑戦する異例の記念碑的な動物画。

AlegsaOnline.com - 2020 - Licencia CC3