アポロの泉

ポロの泉(仏語:Bassin d'Apollon)は、ヴェルサイユ宮殿にある泉である。ギリシャの太陽神アポロンが夜明けに4頭の馬車に乗って海から昇る姿が描かれている。アポロンはトリトン隊を従えている。1639年、ルイ13世は噴水の跡地に「白鳥の池」と呼ばれる池を掘った。1671年、ルイ14世が池を拡張した。ル・ブランは、池の東西の向きからアポロンに捧げることを提案しました。ルイと太陽神の間に描かれた類似性も、この決定に影響を与えました。ル・ブランが描いたアポロンは、4頭の馬車に乗って座っている姿が描かれています。彼は一夜を過ごしたテティスの洞窟から立ち上がる。このテーマは当時、芸術の世界で流行していた。この金色の像はローマのチュービによって作られました。1671年に設置されました。噴水の向こうには大運河がある。アポロンの泉は、アポロンが東ではなく西に昇る姿を誤って描いている。

2014年には、台湾の台南にある知名美術館の入り口に、同規模のレプリカがお披露目された。同博物館は2008年にフランス人アーティストのジルズ・ペローに依頼して、ベルサイユ宮殿にあるものと同じアポロの泉を再現しました。複製彫刻のためにフランスで近代的なレーザー測定と金型製作に3年、イタリアで大理石を彫るのにさらに3年の歳月を要しました。しかし、知名美術館にあるこの「アポロの泉」は、東から昇るアポロンが正しく描かれています。

アポロの泉のルイ14世(車椅子)(前景
アポロの泉のルイ14世(車椅子)(前景

アポロの泉、台湾・台南市智美博物館前
アポロの泉、台湾・台南市智美博物館前

関連ページ

ギャラリー

·        

·        

·        

·        

·        

ベルサイユの地図

·        

アポロンの泉(手前

·        

遊びの泉

AlegsaOnline.com - 2020 - License CC3