福島原発事故

福島原発事故とは、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と津波を受けて、福島第一原子力発電所で継続的に発生している設備の故障、原子炉のメルトダウン、放射性物質の放出のことである。同原発には、東京電力が維持管理する原子炉が6基設置されている。この事故は1986年のチェルノブイリ原発事故に次ぐ規模の原発事故であるが、すべての原子炉が関与しているため、より複雑なものとなっている。

地震発生時、4 号機は燃料を抜いていたが、5 号機と 6 号機は計画的なメンテナンスのために冷温停止中であった。残りの原子炉は地震後に自動停止したが、原子炉地下の低床発電機や電気開閉器、冷却海水を供給するための外部ポンプなど、プラント全体が浸水した。電気系統への接続は断絶した。冷却のためのすべての電力が失われ、原子炉が過熱し始めた。1、2、3号機では炉心の一部が溶融し、水素爆発で1、3、4号機を収容する建物の上部が破壊され、爆発で2号機内部の格納容器が損傷し、4号機では火災が発生しました。当初は停止していたが、5、6号機が過熱し始めた。各原子炉建屋のプールに貯蔵されていた使用済み核燃料棒は、プールの水位が低下して過熱した。

放射能漏れの恐れがあるため、原発周辺の半径20km(12マイル)の避難が行われ、作業員は被曝し、一時的に様々な時間帯に避難しました。月20日には電力が復旧したが、洪水や火災、爆発などで損傷した1~4号機の機械類はまだ機能していない。1~4号機の地下室から放射性物質を含んだ水が浸水しており、修理のためのアクセスができない状態が続いている。原発から30~50キロ離れた北日本の地域で測定したところ、懸念されるほどの高レベルの放射性セシウムが検出された。その地域で栽培された食品の販売は禁止された。世界的に測定されたヨウ素131とセシウム137は、福島からの放出が1986年のチェルノブイリ原発事故で放出された放射性同位元素と同程度であることを示していると示唆された。

東京都の関係者は、水道水を子供の食事に使ってはいけないと言っています。原発内の2箇所の土壌からプルトニウム汚染が検出されている。3月25日に予防措置として入院した2人の作業員は、3号機で水の中に立っていたときに足首から2000~6000mSvの放射線を浴びていた。放射線量は時間や場所によって大きく変化した。

日本の福島第一原子力発電所などの原子力緊急事態は、原子力発電の将来に疑問を投げかけた。エネルギーニュースサイトのプラッツは、「日本の福島原発の危機は、主要なエネルギー消費国に既存の原子炉の安全性を見直すよう促し、世界中で計画されている拡張の速度と規模に疑問を投げかけている」と述べている。福島原発事故後、国際エネルギー機関(IEA)は、2035年までに建設される追加の原子力発電能力の見積もりを半減させた。

2011年の福島原発事故では、3基の原子炉が爆発して被害を受けました。
2011年の福島原発事故では、3基の原子炉が爆発して被害を受けました。

国際人道便が放射能汚染の除染を受ける
国際人道便が放射能汚染の除染を受ける

主要消防署の給水塔車両は、緊急時の冷却活動に欠かせないものとなっています。
主要消防署の給水塔車両は、緊急時の冷却活動に欠かせないものとなっています。

関連ページ

  • 日本原子力研究開発機構
AlegsaOnline.com - 2020 - License CC3