マナ

マナとは聖書五章によると、イスラエルの民がエジプトを出てから40年間砂漠を旅していた時に、食べるものがないからと神が与えてくれた食べ物の名前である。毎朝、地面を覆っている白い薄片を集めていた。味は甘いと言われている。マナに飽きると、神はウズラ(鳥)を与えた。

MannaはHoarfrostに匹敵する大きさと説明されている。芝生の上に置かれた霜柱。Zoom
MannaはHoarfrostに匹敵する大きさと説明されている。芝生の上に置かれた霜柱。

どこから来たんだろう?

マナは、聖書によると、天から降ってきたようなので、「天のパン」と呼ばれていた。イナゴの一種という説もある。また、空腹を満たすことで知られる木の樹液であったという説もある。ミシュナでは、天地創造6日目のたそがれ時に作られたとされている。


AlegsaOnline.com - 2020 / 2022 - License CC3