特定の哲学宗教、神話によると、神は地球と他のすべてのものの創造者である。ヒンズー教では、多くの形で現れることができる神は一人であるとしています。また、神は存在するすべてのものを創造し、これまでに存在したすべてのものを創造したと信じています。ほとんどの宗教では、神は不滅であり(死ぬことはできない)、無限の力を持っていると信じられています。神や神々が存在するという信念は、通常、神と呼ばれています。神や神々の存在を否定する人は無神論者と呼ばれています。無神論者は、神や神々の存在を確かに知ることはできないが、それでも少なくとも一つの神が存在すると信じるかもしれない(あるいは信じないかもしれない)と考えている。神を信じているが伝統的な宗教は信じていないという人は、神論と呼ばれます。神学的立場を取る前に「」の定義を定義すべきだと考える人は無視論者である。

いくつかの宗教では、多くの神々が存在します。これは多神教と呼ばれています。彼らは神々の上にある最高の存在を信じているかもしれないし、信じていないかもしれない。多神教の中には、ヒンドゥー教、神道、道教ウィッカ仏教の亜種などがあります。他の宗教では、一神教と呼ばれる一つの神への信仰だけがあります。一神教には、キリスト教ユダヤ教イスラム教バヒー教シーク教などがあります。英語では「神」という言葉は小文字で書かれています。神は通常、最高の存在を指す場合は大文字で書かれます。多神教の中には、自分たちの最も重要な神について話すときに大文字を使う人もいます。

アラビア語で書かれた神を意味するアッラーZoom
アラビア語で書かれた神を意味するアッラー

西洋哲学における神

哲学者は、神や神について語ることができます;特定の神について語ることもありますが、それ以外の場合は、神の考えについて語っているだけです。

神について一神教的に書いた最も早い西洋の哲学者の一人は、ギリシャのアリストテレスで、神を最高原因として記述しています。アリストテレスは、神を「すべてのことを実現させるが、他の何ものにも影響されない存在」と見なしていた。

また、神については哲学的な問題もあります。その一つが、神のパラドックスと呼ばれるものです。これは、(全知全能の)神が、重くて持ち上げることができない山を作ることができるのかという問題です。

神を信じること

2000年までに、世界の人口の約53%が3つの主要なアブラナミック宗教(キリスト教33%、イスラム教20%、ユダヤ教1%未満)のいずれかに属し、仏教6%、ヒンドゥー教13%、中国の伝統的な宗教6%、その他の様々な宗教7%、無宗教15%未満となっています。これらの宗教のほとんどは、神や神が関与している。また、神を信じていない宗教や、神の概念を含まない宗教もある。

2005年に「神がいると思う」と答えたヨーロッパ諸国の人の割合。東方正教(ギリシャ、ルーマニアなど)やイスラム教(トルコ)が多数派の国が最も高い傾向にある。Zoom
2005年に「神がいると思う」と答えたヨーロッパ諸国の人の割合。東方正教(ギリシャ、ルーマニアなど)やイスラム教(トルコ)が多数派の国が最も高い傾向にある。

アブラハム宗教における神

アブラハミック宗教は、非常に人気のある一神教の宗教です。よく知られているアブラハミック宗教には、ユダヤ教キリスト教イスラム教などがあります。一神教とは、これらの宗教の人々が唯一の神が存在すると信じていることを意味します。ユダヤ教では通常、神の名前を口にすることは許されていませんが、現在では一部のユダヤ人はYHWH(ヤハウェ)またはエホバと呼んでいます。イスラム教では、アラビア語で「神」を意味するアッラーという言葉を言います。

アブラハム教の信者(イスラム教信者を除く)は、神がご自分の姿で人間を創造されたと考えているが、この考えは人類にはなかなか理解されていない。ルネサンス時代から使用されている賢者の長老像は、芸術的なアイデアの一つです。

キリスト教における神

キリスト教の聖なる聖書は、さまざまな方法で神について語っています。キリスト教の聖典の中では、旧約聖書は「父なる神」について語っていますが、新約聖書は「子なる神」であるイエスについて語っています。多くのクリスチャンは、イエス様が地上で神の受肉をされたと信じています。キリスト教徒は、聖霊もまた神であり、神の三人目であると考えています。

新約聖書では、父、子、聖霊(聖霊とも呼ばれています)の三つの存在がそれぞれの形で神と言われています。これを三位一体と呼びます。聖書には「三位一体」という言葉はありませんが、創世記1章で神に使われている言葉は実は複数形で、新約聖書では「父と子と聖霊の名において」という言葉が使われています(例:マタイ28:19)。また、キリスト教徒が「三位一体」と全く同じ意味を持つと考えているもう一つの言葉が、聖なる聖書の中にある「神の頭」という言葉です。

クリスチャンは、神が人間の体に受肉され、通常の出生の過程を経て、通常はイエスまたはイエスアという人間に成長し、すべての人に罪と呼ばれる自分の悪からの救いの機会を与えるために特別に地上に来られたと信じています。個人的な悪の影響は、人間が世間で人間同士に与える影響をはるかに超えて、父なる神との関係に影響を与え、その自己の側面は、自己改善の努力では対処できず、自分を正すために神の介入を必要とします。イエスは祈り、神に語りかけたとき、神を「父」と呼び、他の人にも同じようにするように教えました。

イエスはまた、人は神の霊を受け取るためには生まれ変わらなければならないと教えています。そうでなければ、人は神から切り離されたままで、自分の心の中だけで行動してしまい、人間の哲学や、神からではなく、様々な偽りの宗教の中にある堕落した天使から来た多くの霊的な哲学に惑わされやすいのです。人が意識的にイエスのいけにえが提供する永遠の命の無償の贈り物を受け入れた後、神が堕落前に人間の中に住んでいたように、神が個人の中に住むようになります。

神は存在するのか?

多くの人が「神は存在するのか」と自問自答してきた。哲学者や神学者などは、神が存在することを証明しようとし、他の人はその理論を反証しようとしてきた。哲学用語では、このような議論は、神の存在論の認識論に関するものである。科学では超自然的なものが存在するかどうかは扱わないので、この議論は主に哲学の中に存在している。

神の存在については哲学的な問題が多い。神の定義には具体的でないものもある。神の存在の議論には、典型的には形而上学的なもの、経験的なもの、帰納的なもの、主観的なものがある。いくつかの理論は、世界の秩序と複雑さと同様に、進化論の穴の周りに構築されています。神の存在に対する議論は、典型的には経験的、演繹的、帰納的な議論を含む。結論としては、以下のようなものが含まれることがあります。"神は存在しない」(強い無神論)、「神はほぼ確実に存在しない」(事実上の無神論)、「神が存在するかどうかは誰も知らない」(不可知論)、「神は存在するが、これは証明も反証もできない」(神論または神論)、「神は存在し、これは証明できる」(神論)などである。これらの立場には多くのバリエーションがあり、時には異なる名称で呼ばれることもあります。例えば、「神は存在し、これは証明できる」という立場は、「グノーシス神論」や「強力な神論」と呼ばれることもあります。

東方宗教の神

ヒンズー教では、ブラフマンという名前の神は一人しかいませんが、ブラフマンは様々な化身をしていると言われています。その中には、ラーマ、クリシュナ、ブッダ、シヴァ、カリ、パルバティ、ドゥルガーなどがあります。多くの部外者にとって、神の様々な化身を崇拝することは、多くの神々を崇拝することだと考えられています。しかし、それは実際には一つの神を異なる方法で崇拝することに過ぎません。

また、一部のヒンズー教徒は、神の霊がすべての人の中に住んでいると信じています。この考え方はアドヴァイタ・ヴェーダンタと呼ばれ、ヒンドゥー教ではモノ教の用語として使われています。

仏教や儒教のような宗教には、多くの神々が祀られていますが、時には神々が全くいないこともあります。

神道では、多くの宗教のように特定の神は存在しませんが、その代わりに、神と呼ばれる多種多様な神々が存在します。神道は多神教であるため、八百万の神八百万の神・やおよろずのかみ)がいると考えられており、日本語では「八百万」という数字は無限大という意味で使われるのが普通です。

名称

宗教によって神の名前は異なります。いくつかの例としては、ユダヤ教キリスト教でヤハウェエロヒムイスラム教ではアラー、バハー信仰ではバハ、ゾロアスター教ではアフラ・マツダなどがあります。

関連ページ


AlegsaOnline.com - 2020 / 2022 - License CC3