割り算(数学)

数学では、「除算」という言葉は、乗算の反対の操作を意味する。除算を表す記号には、スラッシュ、線、除算記号(÷ {\displaystyle \div {\displaystyle \div }} )などがあります。

6 / 3 {\displaystyle 6/3/3, } or {\displaystyle 6/3\,}6 3 {\displaystyle {\frac {6}{3}}} or{\displaystyle {\frac {6}{3}}}6 ÷ 3.♪♪ {\displaystyle 6\div 3.}

それぞれ、この3つのうち、2を答えにして「6÷3」を意味します。1つ目の数が配当(6)、2つ目の数が除数(3)です。その結果(答え)が商です。全体の数、任意の残りの量を「余り」と呼びます(例えば、14/4は3+1/2や3.5と同じ、3+2/4という数のように、余りを2とした3を与えます)。

200/5 = 40、または70億:7,000,000,000 / 1000 = 7,000,000,000(700万に相当)のように、数字は非常に大きくなることがあります。

20 : 4 = 5 {displaystyle 20:4=5}. {\displaystyle 20:4=5}

掛け算で

cの倍bがaに等しい場合は、次のように書きます。

♪ c × b = a {displaystyle ctimes b=a} {displaystyle ctimes b=a}. {\displaystyle c\times b=a}

ここで、bが0ではない場合、aをbで割ったものはcに等しく、次のように書きます。

a b = c {displaystyle {frac {a}{b}}=c}}。 {\displaystyle {\frac {a}{b}}=c}

例えば

6 3 = 2 {displaystyle {frac {6}{3}}=2}}。 {\displaystyle {\frac {6}{3}}=2}

以後

2 × 3 = 6 {displaystyle 2times 3=6} .{\displaystyle 2\times 3=6}

上の式で、aは配当bは除数cはと呼ばれています。

ゼロによる除算

x 0 = ?{displaystyle {frac {x}{0}}=?} {\displaystyle {\frac {x}{0}}=?}

...は定義されていません。

表記法

割り算は、割り算上に配当を置き、その間に横線(ヴィンキュラムとも呼ばれています)を入れることで表示されることが多いです。例えば、aをbで割ったものは次のように書きます。

a b .♪ ♪displaystyle {frac {a}{b}}.} {\displaystyle {\frac {a}{b}}.}

これは、「a divided by b」や「a over b」のように声に出して読むことができます。割り算を一行ですべて表現する方法は、次のように配当を書いてからスラッシュをつけて、その次に割り算を書くことです。

a / b .♪♪displaystyle a/b. {\displaystyle a/b.\,}

これは、単純な文字列として簡単に入力できるので、ほとんどのコンピュータ・プログラミング言語では、分割を指定するための通常の方法です。

この2つのフォームの中間にあるタイプのバリエーションは、スラッシュを使用していますが、配当を上げ、除数を下げています。

ab .

これらの形式のいずれかを使用して、分数を表示することができます。分数は、配当と除数の両方が整数である除算式です (通常は分子分母と呼ばれますが)。分数は、一般的な数字の書き方です。除算の結果が小数で書かれているとは限りません。

分割を示す一般的ではない方法は、このようにオベラス(または分割記号)を使用することです。

a ÷ b .♪ {displaystyle a÷b.} {\displaystyle a\div b.}

しかし、初歩的な算数では、この形式はむしろ頻繁に使用されます。また、オベラスは電卓のキーのラベルのように、除算操作そのものを表すために単独で使われることもあります。

英語圏以外の文化では、"a divided by b"をa : bと書きますが、英語ではコロンは比率の概念を表現するために使われます。

関連ページ

  • ディバイザ、量を均等に割る数としての別の意味。
  • 2つの分割
  • 残り
AlegsaOnline.com - 2020 - Licencia CC3