妊孕性

繁殖力とは、生命を与える自然の能力のことです。人間や動物では、生殖能力とは、親が赤ちゃんを産むことができることを意味します。

より正確には、繁殖力とは、生存可能な子孫を生産する個人または集団の能力のことである。実行可能な」とは、「生きて繁殖できる」という意味である。

農業でいう豊饒とは、土壌には適切なミネラルや栄養素が含まれているため、植物の成長を支えることができるということです。

豊饒」は比喩としても使われます。「豊饒な想像力」を持つことは、新しいことや面白いことをたくさん考えられることを意味します。

指標として、出生率とは、夫婦や人、人口あたりに生まれてくる子供の数のことです。これは繁殖とは異なる。これは、生殖の可能性(配偶子の生産、受精、妊娠を成就させることに影響される)と定義されています。英語では、もともとは女性のみに適用されていた用語ですが、生殖メカニズムに関する一般的な理解が進み、男性の役割の重要性がより知られるようになったことで、男性にも適用されるようになってきました。不妊症とは、不妊症のことである。

人間の受胎可能性は、栄養、性行動、文化、本能、内分泌、タイミング、経済、生き方、感情などの要因に左右されます。動物の繁殖力も同様に複雑であり、驚くべきメカニズムを示しているかもしれません。

人間の繁殖力

女性の妊孕性

米国では、初潮(最初の生理)の平均年齢は約12.5歳です。しかし、ほとんどの女の子では、初潮は排卵が起こったことを知らせるものではありません。月経後の女子では、初潮後1年目に約80%、3年目に約50%、6年目に約10%の周期で無排卵となります。女性の受胎可能性は22~26歳の間にピークを迎え、35歳を過ぎると急激に低下し始めます。

出生率については、フランス保健医療研究所の疫学者であるアンリ・レリドン博士が指摘しています。排卵誘発剤や体外受精を使わずに妊娠しようとする女性のうち

  • 30歳で
    • 75%が1年以内に妊娠して出産する
    • 91%の人が4年以内に受胎して出産することになります。
  • 35歳の時
    • 66%の人が1年以内に妊娠して出産することになる
    • 84%の人が4年以内に受胎して出産することになります。
  • 40歳の時
    • 44%が1年以内に妊娠して出産することになる
    • 64%の人が4年以内に受胎して出産することになります。

排卵誘発剤の使用および/または体外受精は、後の年齢で妊娠する可能性を高めることができます。

男性の妊孕性

男性の生殖能力は年齢が上がると低下するというエビデンスがあります。精子の数は年齢とともに少なくなってきており、50~80歳の男性は20~50歳の男性に比べて75%の精子を産生しています。精子の数があまりにも少ない場合、男性はハーブや化学物質のサプリメントで精子を増やすことができます。さらに大きな変化は、年齢の異なる段階の男性が産生する精管の数に見られます。

  • 20~39歳の男性では、精管の90%が成熟した精子を含んでいます。
  • 40~69歳の男性では、精管の50%に成熟した精子が含まれています。
  • 80歳以上の男性では、精管の10%に成熟した精子が含まれています。

不妊症

不妊症とは、自然に子供を授かることができないことを意味します。不妊症とは、避妊をせずに12ヶ月以上セックスをしても妊娠しない、または妊娠しても出産まで妊娠できないことを指します。約10%の人が不妊症と言われています。つまり、10人に1人は自然に子供を妊娠できないということになります。不妊症には多くの原因がありますが、その中には治療が可能なものもあります。女性は年齢を重ねるごとに受胎能力が低下していきます。閉経後の女性は、もはや受胎可能な状態ではありません。


AlegsaOnline.com - 2020 - 2021 - License CC3