キシュティム災害

キシュティム事故は、1957年9月29日にロシア(当時はソ連の一部)の原子力発電マヤックで発生した放射能汚染事故で、国際原子力事象評価尺度のレベル6(チェルノブイリ事故と福島事故だけが深刻な事故とされている)に認定された。国際原子力事象評価尺度(International Nuclear Event Scale)のレベル6の災害である(これよりも深刻な事故としてリストアップされているのは、チェルノブイリ原発事故福島原発事故だけである)。

マヤックとは、ロシアのエカテリンブルクから約150キロ(93マイル)の距離にあるいくつかの原子力施設の名称である。これらの施設は、チェリャビンスク-65、またはチェリャビンスク-40とも呼ばれていました。マヤックは1945年から1948年の間に建設されました。ソビエト連邦で物質を生産できる最初の工場でした。マヤックでは、時として最大2万5千人が働いていました。この工場では、ソ連初の原子爆弾に使用されたプルトニウム燃料などを製造していました。

1948年から1987年の間に、合計10基の原子炉が建設された。1991年までは、2基を除いてすべてが閉鎖された。残りの2基は、医療や研究用に放射性同位元素を生産している。

さまざまな事故の間に、大量の放射能が環境に放出されました。これらの事故の中で最大のものは1957年に起きたもので、今日ではキシュティム事故として知られています。それはキシュティム(Кыштым)の近くの工場で起こった。この秘密の工場では多くの事故がありました。その中でも最も深刻な事故が1957年9月29日に起きた。プラントの冷却システムが機能しなくなったのです。非核爆発が起こりました。この爆発は、75トンから100トンのTNTの力を持っていました。重さ160トンのコンテナの蓋を空中に投げ捨てた。この事故では、約20メガPCi(約740ペタベクレル)の放射能が放出された。少なくとも200人が放射線症で死亡した。約1万人が自宅から避難した。47万人以上の人が知らず知らずのうちに放射能の影響を受けていた。

その後10~11時間の間に、放射性の雲は北東に向かって移動し、事故から300~350kmの範囲に達した。この雲の降下により、800平方キロメートル以上の地域が長期にわたって汚染され、そのほとんどがセシウム137とストロンチウム90によるものでした。現在、この地域は東ウラル放射性痕跡(East-Ural Radioactive Trace:EURT)として知られている。

マヤックの存在は秘密だった。その存在を知っているのはごく一部の人だけだった。そのため、事故の影響を受けた地域に住む人たちには、事故のことは知らされていなかった。事故から1週間後の10月6日、当局は約1万人の避難を開始したが、その理由は語られなかった。人々は未知の「謎の」病気に怯え、ヒステリックになっていた。被害者は、顔や手など体の一部が露出した皮膚が『はがれ落ちて』いるのを見た」。災害の性質と程度を世界に明らかにしたのは、ゾレス・メドベージェフ氏である。

ソ連政府が数字の情報を隠していたにもかかわらず、放射線を直接浴びたことで、少なくとも200人以上ががんで死亡していたことがわかっている。

事故後の放射能汚染の広がりを抑えるために、汚染された土は撤去され、「大地の墓場」と呼ばれるフェンスで囲われた囲いの中に保管されていた。

1968年、ソビエト政府は、東ウラル自然保護区を作ることでEURT地域を偽装し、影響を受けた地域への無許可の立ち入りを禁止しました。

チェリャビンスクの近くで核事故が起きたという噂は、欧米では以前から流れていた。ウラル山脈の西側で深刻な核事故が起きたというのは、モスクワの分子生物学研究所のレオ・タマーマン教授(前生物物理学研究所長)らが発表した、植物、動物、生態系への放射能の影響に関する研究結果から推測されたものである。

ジャイジー氏によると、情報自由法を発動して中央情報局(CIA)の関連ファイルにアクセスしたジャイジー氏は、1957年のマヤック事故をずっと知っていたという。CIAは1957年のマヤック事故をずっと知っていたのだ。年になって、ソ連政府が事故関連の文書を機密解除したのは、1990年のことだった。

さまざまな情報源によると、この災害で発生した放射能の量は、1986年のチェルノブイリ原発事故の2倍から6倍である。放射能漏れがより限定的であったため、国際原子力事象評価尺度ではレベル6(7のうちの6)に分類されている。チェルノブイリはレベル7。

2003年、ロシア当局はマヤック工場を閉鎖した。原発に近いカラチャイ湖は、地球上で最も汚染されたスポットの一つと見られている。

過去45年間で約50万人の地域住民が1つ以上の事件で被曝しています。その中には、チェルノブイリ原発事故の影響で被災した人の20倍以上の放射線を浴びた人もいる。

マヤック遺跡周辺の衛星画像
マヤック遺跡周辺の衛星画像

関連ページ

  • 原発事故
  • 原子力災害
AlegsaOnline.com - 2020 - Licencia CC3