オナニー

オナニーとは、人が快感を得るために自分の性器に触れることです。その結果、オーガズムに至ることが多い。

オナニーは一人ですることもありますが、他の人とすることもできます。これを「相互オナニー」といいます。バイブレーターやディルドを使えば、オナニーをより簡単に、あるいはより気持ちよくすることができますが、人の手だけで行うことが多いようです。研究によると、大勢の人が定期的にオナニーをしていることが分かっています。月に1、2回する人もいれば、1日に何度もする人もいます。

グスタフ・クリムトは自慰行為をこのように見ていたのです。この絵は1913年のものですZoom
グスタフ・クリムトは自慰行為をこのように見ていたのです。この絵は1913年のものです

女性のオナニー

女性の性器の中で、最も触覚に敏感なのがクリトリスです。そのため、女性のオナニーでは、ほとんどの場合、手やバイブレーターでクリトリスを刺激することになります。多くの女性は、指や性具を膣に入れる感触も楽しみますが、これはオーガズムに必要ない二次的な感覚であり、それだけでオーガズムに至ることはほとんどありません。膣の前壁の刺激を特に快感と感じる女性もいます。肛門は神経終末が豊富で、乳首と同様にマスターベーションの際に刺激されることもあります。

オナニーは通常、オーガズムに達するまで続けられる。特に若いうちは、オナニーの経験が少なく、オーガズムに達するのに問題がある女性もいます。

女性の中には、興奮を失うことなく連続して何度もオーガズムを感じる「マルチオーガズム」を経験する人がいます。しかし、マルチオーガズムができない女性も、マルチオーガズムの女性と同じくらいオーガズムの満足度を報告していることに留意する必要があります。

男性のオナニー

男性の自慰行為は、自己快楽を得るために手動で陰茎を刺激する行為です。10代の若者や成人の場合、マスターベーションは通常、射精精子細胞を含む精液の放出)と呼ばれる形で終わります。この射精は、通常、オーガズムと呼ばれる強力な快感を伴います。ほとんどの男の子は、12歳から15歳の間に自慰行為を始めます。

男性がオナニーをする際、様々な方法を選択することができます。その中でも最も一般的なのは、手を使う方法です。男性は、ペニスのシャフト(勃起時)に手を巻きつけ、手を上下に動かすだけです。よりソフトな感覚を作り出すために潤滑剤を使用することもあります。感覚が強まるにつれて、手の動きの速度は一般にオーガズムが起こるまで速くなります。オーガズムは、ペニスから精液が射出される、非常に快い感覚です。男性は、陰嚢(睾丸がある場所)、乳首、肛門など、体の他の敏感な部分をこすったり触ったりすることもあります。

マスターベーションの頻度、年齢、性別

人は、ある日突然、オナニーをしないかもしれません。毎日、時には一日に何度もオナニーをする人もいます。自慰行為の頻度、つまりオナニーの頻度は、いろいろなものに左右されます。自慰行為の頻度が左右されるもののひとつに、ホルモンがあります。性的な興奮は、ホルモンに依存します。その他に、自慰行為の頻度が依存するものとして、性癖があります。性癖とは、人が慣れたために行う性行為のことです。また、同年代や同年代の仲間も、この頻度に影響を与えます。一般的な健康状態も、多くの要因のひとつです。自慰行為に対する一般的な態度は、文化によって形成されます。医学的な原因も、自慰行為と関連しています。

「48人の女子大生に、自慰行為の頻度尺度を組み込んだ性的態度アンケートに回答してもらった。その後、24人の女性(実験群)が、女性の自慰行為を含む露骨なモデル映画を個別に鑑賞した。1ヶ月後、すべての被験者が再び同じアンケートに回答した。また、実験グループの被験者は、映画の内容を評価するアンケートにも回答した。その結果、実験グループは対照グループと比較して、月平均の自慰行為の頻度が有意に増加したことが示された。しかし、この同じグループは、映画が性的な態度や行動に影響を与えることはなかったと報告した。

2004年にトロントの雑誌「NOW」が行ったアンケートには、不特定多数の人が回答した。その結果、男性では81%という圧倒的多数が、12歳から15歳の間に自慰行為を始めていることがわかった。女性では、同数値は55%と控えめな過半数であった。(しかし、もっと早くから始めているケースも珍しくなく、女性では12歳までに18%、10歳までに6%と、より頻繁に行われている。子供の性欲の主なはけ口である自慰行為は、幼い子供にも観察される。ヒューマンセクシュアリティの本で。Strong, Devault and Sayad著『Diversity in Contemporary America』では、「男の子はベビーベッドの中で、勃起したペニスで遊びながら笑うことがある(射精はしないが)」と指摘されている。赤ん坊の女の子は時々、リズミカルに、ほとんど激しく体を動かして、オーガズムを体験しているように見える。"

2004年にカナダで行われた雑誌の調査によると、43%が12〜13歳くらいで自慰行為を始めていることがわかった。男の子がオナニーを始めると、精液が定期的に体外に排出されるため、濡れた夢を見なくなることが多い。カナダの雑誌「Now」の読者調査によると、17歳を過ぎると自慰行為の頻度は減少するが、ほとんどの男性は20代、時にはそれ以降も毎日、あるいはそれ以上の頻度で自慰行為をしている。この減少は、女性でより急激であり、男性ではより緩やかである。13~17歳の女性では平均してほぼ1日に1回(男性同志とほぼ同じ頻度で)自慰行為をしているが、成人女性では月に8~9回しかしていないのに対し、男性では18~22回となっている。また、年齢とともにオナニー頻度が低下することも明らかになっている。思春期の若者は1日に6回以上射精までオナニーできると報告しているが、中高年の男性の中には1日に1回でも射精するのが難しいという報告もある。ただし、この調査では回答者の詳細な属性は不明であり、トロントの都市部のライフスタイル雑誌の読者であるこの世論調査の回答者の性歴は、一般的な人々に及ばないかもしれない。

異性交際中に自慰行為をするのは、男性より女性の方が少ないようです。しかし、性的に活発な関係にある場合でも、男女とも時折この行為に及ぶことがある。一般に、性的に活発な関係にない人は、そうでない人よりも頻繁に自慰行為をする傾向があると言われていますが、多くの場合、一人で、またはパートナーと一緒に自慰行為をすることは、関係性の特徴であるため、これは真実ではありません。従来の常識に反して、いくつかの研究では、実際にマスターベーションの頻度と性交の頻度、セックスパートナーの数との間に正の相関関係があることが明らかになっています。ある研究では、交際中のゲイの男女で自慰行為の割合が有意に高いことが報告されています。

文化的な見方や慣習

カトリック教会では、自慰行為を「重大な障害行為」とみなしている。男性の間では、自慰行為は弱さの表れとみなされることがあり、それを侮辱する俗語も存在する[1]。

ニューギニアのサンビア族には、フェラチオによって頻繁に射精する、男らしさをめぐる通過儀礼がある。精液は大切にされ、頻繁な射精は奨励されるが、自慰行為は精液の浪費とみなされ、嫌われる。射精の能力と必要性は、幼少期からフェラチオによって何年もかけて育まれ、無駄にするのではなく、消費されるようになる。精液は体力をつけるために摂取されるもので、母乳と同じように考えられている。

他の文化では、男性になるための通過儀礼があり、それは通常、部族の長老の手によって初めて射精することで頂点に達する。フィリピンのアグタ族のように、幼い頃から性器に刺激を与えることが奨励されている部族もある。思春期になると、若い男性は「賢者」や「呪術師」とペアになり、儀式に備えて自慰行為で射精能力を高める。儀式は祝賀会の前に公開射精でクライマックスを迎える。射精したものは動物の皮の束にして保存し、後で身につけると子宝に恵まれると言われています。この部族や他の部族では、男らしさの尺度は実はペニスの大きさよりも射精の量や彼の欲求[ 説明する必要があるd] に関連している。幼い頃からマスターベーションで頻繁に射精することで、大人になっても頻繁に射精することが育まれる。

アメリカやイギリスでは、オナニーマラソンが開催されています。これらのイベントは、自慰行為をオープンに行うことができる環境を提供するものです。

機能

マスターベーションは、性交時の生殖能力を高める可能性があります。女性の場合、、子宮頸部、子宮の状態を調整することができます。これにより、受胎の可能性が高まったり、低くなったりします。妊娠の確率が上がるか下がるかは、マスターベーションをするタイミングによって決まります。このタイミングは、無意識のうちに決定されます。もし、複数の男性と性交すれば、1人またはもう1人の男性の精子が彼女の卵子に到達する可能性が高くなります。

女性のオナニーは、子宮頸管の感染症から身を守ることができます。これは、子宮頸管粘液の酸性度を高め、子宮頸管の外にゴミを移動させることによって行われます。

男性のオナニーの働きは、男性の性器から運動率の低い古い精子を洗い流すことです。次の射精にはより多くの新鮮な精子が含まれ、性交時に妊娠を達成する可能性が高くなります。複数の男性が女性と性交する場合、運動率の高い精子がより効果的に競争することになります。

健康・心理的影響

メリット

自慰行為をしてオーガズムを得たり、射精したりすると、興奮が高まる一方で、エピネフリンが体内を巡り、顔が紅潮し、呼吸が浅くなり、クライマックス後の多幸感が生じます。

オナニーをすることで、鬱やストレスが解消され、自己肯定感が高まるというのは、多くのメンタルヘルスの分野で言われていることです。また、片方のパートナーがもう片方よりも多くのセックスを望んでいる場合、オナニーはバランスをとる効果があり、より調和的な関係を築くことができます。

相互オナニーは、2人以上のパートナーがお互いの前で自らを刺激する行為であり、カップルは自分の快感中枢の地図を明らかにすることができます。パートナーのオナニーに立ち会うことは、パートナーがどのような方法で自分を喜ばせているのかを知るための教育的行為であり、パートナーがどのように触られて楽しんでいるのかを正確に知ることができます。

2003年、オーストラリア癌評議会のグラハム・ジャイルズ率いる研究チームは、男性が頻繁に自慰行為を行うことは前立腺癌の発生を予防するのに役立つようだと結論づけた。

1997年に発表された研究では、心筋虚血や心筋梗塞が性行為によって引き起こされる危険性を考慮しても、冠状動脈性心臓疾患による死亡とオーガズムの頻度に逆相関があることが判明しました。抜粋します。"オーガズムの頻度や全死因死亡率との関連は、各回答カテゴリーの中間値を年間オーガズム回数として再コード化したものも用いて検討した。年間100回のオーガズムの増加に対する年齢調整オッズ比は0.64(0.44~0.95)であった」。つまり、任意の2人の被験者の間に差が現れるのは、一方の被験者が他方よりも週2回程度以上射精している場合であった。健康な男性の平均射精回数を週3〜5回と仮定すると、週5〜7回ということになる。これは、前立腺癌に対する効果に関する記事と一致しています。しかし、この記事では、「因果関係の問題は複雑であり、いくつかの説明が可能である」と指摘しています。

また、マスターベーションは性感染症のリスクから個人を守るための性技と考えられている。このような見解が支持され、アメリカの性教育のカリキュラムに組み込まれたことで、クリントン政権時にジョイセリン・エルダース米外科長官が解任されるに至ったのです。インディアナ大学の2011年の研究は、この主張を支持している。年齢とパートナーの有無を考慮した結果、定期的に自慰行為を行う性的に活発な少年は、他の少年に比べて、最後の性交でコンドームを使用する確率が8倍高いことが示されたのである。この良い結果は他の研究でも観察されており、イギリスでは自慰行為を促進する公衆衛生政策の基礎となっている。

実際にオナニーを有酸素運動と考える人もいます。自慰はほとんどの人を気持ちよくさせ、パートナーが見つからないときには性交渉の代わりになることもあります。また、性行為の準備にもなります。

血圧

ある小さな研究によると、性交のみを行ったテストグループは、性交を行ったが1日以上自慰行為を行った人よりも、全体としてストレスの多い状況下で血圧が低くなることが示されている。

挿入量

膣や肛門に挿入するものは、清潔で、傷や破損がないものでなければなりません。肛門に何かを完全に挿入しないように注意する必要があります。使用する物体は、底部がフレア状またはフランジ状になっている必要があります。最近のディルドやアナルプラグには、この機能が付いています。

妊娠

男女のマスターベーション(相互マスターベーション参照)は、精液が外陰部に接触した場合のみ妊娠する可能性があります。また、パートナーとのマスターベーションは、理論的には体液の接触により性感染症に感染する可能性があります。

男性の問題点

性交時にペニスに鈍的外傷や損傷を受けた男性は、まれにペニス骨折やペイロニー病になることがあります。包茎とは、「包皮が収縮した状態で、包皮を引っ張ろうとすると痛むというトラブルを起こすことがある」ことです。このような場合、ペニスを勢いよく操作すると、問題が生じることがあります。

ローレンス・I・サンクは、彼が調査した4人の男性に見られたように、うつ伏せ(顔を下に向けた状態)での自慰行為が、無オルガスム症や勃起不全など一部の男性の性的問題の原因となり得ることを観察した。彼はこの説を説明するために、トラウマティック・オナニー症候群という言葉を作りました。2007年現在、追跡調査は行われておらず、この考え方は医学界では馴染みが薄く、広く支持されていない。しかし、この考えに信憑性を持たせている資料もあります。あるセックス・セラピストは枕やマットレスにこすりつける自慰行為を非難し、リプシスらはサンクを権威として自慰行為が男性の心因性機能障害(MPSD)に関与している可能性を示唆している。MPSDとは、性交時にオーガズムに達することが困難で、自慰行為に依存するようになることである。

衝動的な自慰行為

自慰行為を頻繁に行うことは、それ自体、身体的、精神的、感情的なリスクをもたらさないが、自慰行為は退屈やストレスを解消するために使われることがある。いずれの場合も、「神経性の習慣」と同様に、行動そのもの(この場合は自慰行為)を抑制しようとするのではなく、退屈やストレスの原因を考えることがより効果的です。

性的嗜癖の存在や有効性については、専門家やその他の関係者の間でも議論があります。それでも、性的活動が日常生活で機能する能力に影響を与える場合、あるいは、例えば、違法または破壊的な活動を追求する危険にさらす場合など、警告サインのリストが存在します。非常に頻繁で強迫的な自慰行為は、性的依存症の兆候とみなされることがあります。

哲学的な見解

イマヌエル・カントは、自慰行為を自己への義務違反であり、自然法則に反するとし、不自然な行為であるとした。ジークムント・フロイトは、自慰行為を不健康なものと見なしました。マーガレット・サンガーは、自慰行為は賢明でないとよく言っていた。


AlegsaOnline.com - 2020 / 2022 - License CC3