弟子

キリスト教では、弟子とはイエス様のミニストリー中の弟子のことで、十二使徒だけを意味することもありますが、福音書には異なる数の弟子がいることが書かれています。使徒言行録では、使徒自身が弟子を持っています。弟子という言葉は、今日、キリスト教に学ぼうとする人たちの自己認識として使われています。

弟子という言葉は、古代ギリシャ語の「μαθἡτἡς」から来ていますラテン語の discipulus を経由して英語に入ってきました。弟子使徒と混同してはいけません。弟子が教師、生徒から学ぶ者であるのに対し、使徒はその教えを他の人に伝えるために遣わされる者です。

ナザレのイエスの弟子たち

4つの

マルコ福音書(1:16-20)とマタイ福音書(4:18-22)には、イエスが最初にガリラヤ海にいた漁師たちの中から4人の漁師たちを呼んだという箇所があります。それは、シモン(後に「岩」またはペテロと呼ばれるようになる)と弟のアンドリュー、そして兄弟のヤコブとヨハネ(後に「雷の息子」またはボアネルゲと呼ばれるようになる)です。ルカによる福音書5:1-11の非常に似た報告では、アンドリューについては語られていません。ヨハネによる福音書1:35-51には、弟子たちの初期召集も記されていますが、これらは、無記名の弟子、アンドリュー、シモン、フィリポ、ナタナエルです。

ルカによる福音書にはアンドリューが含まれていないので、また、四つの福音書の中で、シモン・ペテロ、ヤコブ、ヨハネが十二人とは別にイエスに会うように呼ばれている様々な箇所を通して、彼らは一般的に"三人"と呼ばれています。三人」よりも「四人」の方が「三人」よりも「四人」という使い方は、今でも一部のクリスチャンが議論していますが、決して教義上の本質的なポイントではありません。

十二

福音書の中で最も注目されているのは、イエスによって山の頂上に呼ばれ、十二使徒としてイエスから任命された特定の弟子たちのグループです。これらの人々は

福音書におけるイエスの主な出来事

  • 出生
  • バプテスマ
  • 誘惑
  • 弟子使徒委員会
  • 山の上の説教
  • 奇跡
  • エルサレムに入る
  • 神殿の浄化
  • 最後の晩餐
  • 聖霊の約束
  • 逮捕と裁判
  • 復活
  • 大任
  • 昇天
  • 再臨の予言

この箱。

·         みる

·         話す

·         へんしゅう

  1. ピーターと呼ばれるシモン
  2. シモン・ペテロの弟アンドリュー
  3. ヤコブ
  4. ヨハネ(マルコとマタイは彼をゼベデの子ヤコブの兄弟と見なしている
  5. フィリップ
  6. バルソロミュー、ヨハネではナタナエルと名づけられた
  7. マタイ
  8. トーマス
  9. アルファエウスの子ヤコブ
  10. マルコ、マタイ、ルカで狂信者と呼ばれるシモン
  11. ユダイスカリオット
  12. ユダ・タッデウス(マルコではタッデウスと呼ばれ、マタイではレバエウス・タッデウスと呼ばれ、ルカではヤコブの弟ユダと呼ばれています。
  • パウロは、イエスの死と復活の後、使徒となりました。

ヨハネによる福音書では、イエス様が愛した一人の弟子について言及しています。使徒ヨハネは、他の十二人と違って、その福音書には名前が出てこないので、「愛された弟子」は彼だと思われます。

大観衆と七十

イエスの弟子たちの数や人数は、福音書には必ずしも記載されていません。ルカ6:17に始まる平原の説教の一節の冒頭では、より多くの人々が弟子であることが明らかにされています。

さらに、七十人(または七十二人、出典によっては七十二人)の人々が二人一組になって、イエスの道を準備するために送り出されました(ルカ10章)。彼らは「七十人」または「七十人の弟子」と呼ばれることもあります。彼らは、差し出された食べ物を食べ、病人を癒し、神の治世が来ていること、彼らの話を聞く者はイエス様の話を聞き、彼らを拒む者はイエス様を拒み、イエス様を拒む者はイエス様を遣わした方を拒むということを広めなければなりません。さらに、彼らは敵に対して大きな力を与えられ、その名は天に記されている。

エマオへの道

クレオパスは、復活した主がエマオで現れた二人の弟子のうちの一人です(ルカ24:18)。クレオパスは、イエスの名もなき弟子と一緒に、イエスの復活の日にエルサレムからエマオに向かって歩いています。クレオパスとその友人がここ数日の出来事について話し合っていると、見知らぬ人が二人に何を話しているのかと尋ねてきました。見知らぬ人は,クレオパスとその友人に夕べの食事に参加しないかと誘ってきました。そこで見知らぬ人は,パンを割って祝福した後,復活したイエスであることを明かし,姿を消しました。クレオパスとその友人は、その知らせを他の弟子たちに伝えるために急いでエルサレムに行きました。この出来事は、マタイ、マルコ、ヨハネのいずれにも平行したものはありません。

女性

ルカ (10:38-42) では、ラザロの妹マリアは、イエスが彼らの客人である間、「いろいろなことに煩わされていた」妹マルタと対照的ですが、マリアは「より良い部分」、つまり、主人の話を聞くことを選んでいました。ヨハネは彼女を「主に香油を注ぎ、彼女の髪の毛で主の足を乾かした者」と名づけています(11:2)。ルカでは、パリサイ人の家にいた正体不明の「罪人」がイエスの足に注油しています。イエスとラザロ自身との間に、この奇跡に先立って存在していた関係は、ヨハネによって特定されていません。カトリックの伝承では、ラザロの妹であるマリアは、マリア・マドガレーネと同じものとして見られています。

ルカは、イエスと十二人に同行していた多くの人々について言及しています。その中から、彼は三人の女性を挙げています。"マグダラと呼ばれたマリア、......ヘロデの執事チュザの妻ヨアンナ、スザンナ、その他多くの女性で、彼らの財力で彼らを養っていました」(ルカ8:2-3)。マグダラのマリアとヨアンナは、ルカの復活の記述の中でイエスの体を整えに行った女性の中に含まれており、後に使徒たちや他の弟子たちに空っぽの墓や「まばゆい服を着た二人の男」の言葉を伝えています。マグダラのマリアは、十二人以外の弟子たちの中で最もよく知られています。福音書には、他の女性信者よりも多くのことが書かれています。また、マグダラのマリアに関する多くの伝承や文献もあります。

他の福音書の記述者は、どの女性が十字架と復活を目撃したかについて異なっています。マルコは、ヤコブとサロメ(ヘロディアスの娘サロメと混同されないように)の母マリアを十字架につけ、サロメを墓につけています。ヨハネは、クロパスの妻マリアを十字架につけています。

関連ページ

  • バプテスマ
  • だいコミッション
  • 教会の柱
AlegsaOnline.com - 2020 - Licencia CC3