ニ長調

も参照してください。Dマイナー

ニ長調はニ長調をベースにしたメジャースケールで、調号は2つのシャープスを持ちます。相対的な短調はロ短調です。

ニ長調は、4本の弦がG・D・A・Eに調律されているという楽器の構造上、ヴァイオリン音楽に適しており、開放弦がD弦と共鳴して特別な豊かな音を奏でます。

このため、多くの古典派作曲家はヴァイオリン協奏曲をニ長調で書くことを選んだ。例えば、モーツァルト(1775年第2番、第4番)、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1806年)、パガニーニ(第1番、1817年)、ブラームス(1878年)、チャイコフスキー(1878年)、プロコフィエフ(第1番、1917年)、ストラヴィンスキー(1931年)、コングルト(1945年)などが挙げられます。

また、最低弦のドロップチューニングで2つのDを開放弦にしているので、ギター音楽に
も適しています。

しかし、管楽器を始めたばかりの生徒にとっては、ニ長調はあまり良いキーではありません。ホ長調には4つのシャープスがありますが、これは新しい学習者が演奏するのは難しいです。

それでも、変ロ長調のクラリネットは、ニ長調の音楽によく使われます。おそらく、最もシャープな音がよく弾ける鍵盤だと思われます。しかし、作曲家の中には、変ロ長調のクラリネットでニ短調の曲を書いた場合、曲がニ長調に変わるとイ長調のクラリネットに変えてしまう人もいます。

ブリキのホイッスルは、フィドルと一緒に音楽に使われることが多いので、ほとんどの場合はDになっています。

バロック時代、ニ長調は「栄光の鍵盤」とされ、多くのトランペット曲がニ長調である。例えば、ファッシュ、グロス、モルター(第2番)、レオポルト・モーツァルト、テレマン(第2番)、ジュゼッペ・トレッリの協奏曲、コレッリ、フランチェスキーニ、パーセル、トレッリのソナタ、ヘンデルの「メサイア」の「トランペットは鳴る」と「ハレルヤ」の合唱曲などがあり、これらの作品は、バロック時代には「栄光の鍵盤」とされていた。

バルブトランペットが発明された後、作曲家たちはトランペットのために、よりフラットなキーで書くようになり、ハイドンは有名なトランペット協奏曲を変ホ長調で書きました。

ハイドンの104曲の交響曲のうち23曲がニ長調で、彼の交響曲の中で最もよく使われる主調です。モーツァルトの無番号交響曲の多くはニ長調で、K.66c、81/73、97/73m、95/73n、120/111a、161/163/141aとなっています。交響曲は序曲から来ており、"ニ長調は18世紀後半の序曲では圧倒的に最も一般的な調であった。"

スクリャービンはニ長調を金色に見立て、リムスキー=コルサコフと話をした際に、リムスキー=コルサコフ自身のオペラの一つで、ある登場人物がニ長調で金について歌ったという例を挙げています。

引用

1.      リタ・ステブリンA History of Key Characteristics in the Eighteenth and Early Nineteenth Centuries (Rochester, University of Rochester Press: 1996) p. 124 "The key of triumph, of Hallelujahs, of war-cries, of victory-rejoicing" "勝利の鍵、ハレルヤの鍵、戦争の叫び、勝利の喜びの鍵"

2.      ライス、ジョン (1998).アントニオ・サリエリとウィーン・オペラ.シカゴ.シカゴ大学出版局.

AlegsaOnline.com - 2020 - Licencia CC3